フェルトギターType-D

ボディ裏のブローチピンが大きくて留めた時にフェルトギターがうな垂れるので小さいブローチピンに変更しました。 接着したピンの上からフェルトを接着して補強しています。

フェルトギターType-D 新フレット

前々からうすうす気づいていたんですが、どうもフレットが太すぎるようです。 フェルトギターType-Tはピックアップよりも太く見えますし、 と言うか実際に太いのですが・・・。 実際のギターでは20数フレットあるものを3フレットにしているのである程度フレ…

フェルトギターType-D ギャラリー②

引きの写真では見えにくい部分を出来る限りお見せする「アップ写真」ギャラリーです。 ボディ表がたまご色なのでたまご色の刺繍糸で側面と縫い合わせています。 弦(絹糸)にテンションをかけている為、ブリッジ上の白い棒の部分が引っ張られています。 フレ…

フェルトギターType-D ギャラリー①

布地のカバンに・・・。 サイレントギターのソフトケースに・・・。 サボテンとともに・・・。 スナフキンといっしょに・・・。

フェルトギターType-Dはこのようなギターです。~中身編~

フェルトギターの中身は紙(ぺらぺらの紙ではありません)で出来ています。 ボディは表面、側面、裏面とも1mm弱の厚紙を使用しています。 表面、側面、裏面をしっかりと接着し、中に綿をパンパンに詰めてボディが潰れないようにしています。 その為、グッと…

フェルトギターType-Dはこのようなギターです。~外観編~

大きさは、 [ 縦 ] およそ8cm(実寸7.7~7.8cm) [ 横 ] およそ4cm(実寸4.1~4.2cm) [ 厚み ] およそ2.5cm(実寸2.5~2.6cm) です。 ボディ部のサウンドホールは黒丸のハードフェルトを貼っています。実際に穴が開いているわけではありません。そして残念…

フェルトギターType-Dへの思い。

十数年前にアコースティックギターを購入しようと思い、ギブソンにしようかマーチンにしようか、それとも他のメーカーにしようかと色々吟味していましたが、 「有名なアーティストはマーチンD-28をもれなく持っているらしい・・・」 との本当かガセかわから…